古城豆知識

日本における城の始まりは、柵や濠をめぐらした弥生時代の環濠集落が最初であるといわれています(吉野ヶ里遺跡など)。文献において城が登場するのは、664年に天智天皇が築いた水城が最初で、この時代に九州北部から瀬戸内海沿岸にかけて多数築かれました。また、蝦夷との抗争が絶えない東北地方では、7世紀から9世紀にかけて多賀城のような政庁と軍事拠点を兼ね備えた城が築かれました。

戦国時代になると、天然の要害を利用して防御拠点とする山城が発達し、主に戦闘用として用いられました。戦国時代も中ごろになり、大名の支配地域が広大なものとなってくると、領地経営の必要性から、防御に優れるものの政庁としては不向きであった山城は徐々に数を減らし、平地に臨む丘陵や平地に城を築くことが主流になっていきます。戦国時代も終わりに近づくと、石垣、櫓、天守、枡形、城門など、現在我々が抱くイメージそのものの城が登場します。これらの城は主に織田信長と豊臣秀吉配下の諸大名によって築かれました。

江戸時代になると、一国一城の令により、原則一大名につき一城を残して多くの城が破却され、それまで約3000あった城郭は約170まで数を減らします。これにより家臣団や領民の城下への集住が進んで城下町が形成されていき、城は軍事施設としてよりも、政庁、大名の権威誇示、地域のシンボルとしての意味合いが強くなっていきました。幕末には外国船の対策として台場や砲台が建造され、五稜郭のような稜堡式城郭も建造されました。

明治時代になると、各地の城は廃城令により廃城となり、城跡には役所が置かれたり、公園や寺社が建てられたり、陸軍が駐屯したりしました。陸軍が駐屯した城は、太平洋戦争において攻撃目標となり、その多くが空襲によって焼失しました。

戦後、各地の城跡において観光を目的に天守の再建工事が多く行われるようになりましたが、元々天守のない城に模擬天守を築き、元の遺構を破壊する例も多く見受けられたため、現在では文化庁などの方針で、図面や絵画、写真などの資料がなければ天守の再建をすることはできなくなっています。

江戸時代の軍学者は、地勢によって城を山城、平山城、平城の3つに分類しました。しかし、これらの区別は明確ではなく、例えば姫路城は、平山城に分類する人もいれば、平城に分類する人もいます。

山城

戸石城 険阻な山を自然の要害として利用した城で、戦国時代初期に多く築かれました。防御に優れる反面、生活するには不便であるため、平時は山のふもとの集落(根小屋)で生活し、敵が来襲すると山の上の城に立て籠もるといった使い方がされました。平地のない山の上の城という性質上、平城、平山城に比べてその規模は小さくなりますが、都市化の波を逃れて城域全体の移行が残りやすい傾向にあります。

主な山城として、岐阜城、小谷城、八王子城戸石城岩櫃城があります。

(写真は戸石城

平山城

二本松城平野の中の小高い山や丘の上に築かれた城で、戦国時代終盤に多く築かれました。戦時のみに使われる山城とは違い、領地経営の拠点としての機能を備えています。その城域は山上のみならず、麓にまで広がる広大なものとなる傾向にあります。
平山城と平城の区別は明確になっておらず、姫路城、江戸城は平山城にも平城にも分類されています。

主な平山城として、安土城、仙台城熊本城、松山城、二本松城などがあります。

(写真は、二本松城

平城

松本城

平地に築かれた城です。山城の全盛期に周辺にどうしても適当な山がないため仕方なく平地に城を築いて河川を防衛ラインとして利用した城と、織豊時代以降に政治の中枢として築かれた城があります。平野部に築城することで広大な城郭になる傾向があります。

主な平城として、大坂城名古屋城、駿府城、二条城、広島城などがあります。

(写真は松本城

水城

平城の一種で、海岸、湖岸、沼地、河口などに築かれ、水域を天然の水堀として利用した城です。水に浮いているように見えることから、浮城とも呼ばれます。海辺に築かれたものは海城とも呼ばれます。

主な水城として、高松城、今治城、中津城、高島城、膳所城などがあります。

グスク

今帰仁城

琉球王国の領域であった奄美諸島から八重山諸島にかけての地域で多数築かれた城です。単に軍事施設としてだけではなく、聖域としての機能も持っていたと考えられています。カーブを描く石垣や土塁が大きな特徴です。

主なグスクとして、首里城今帰仁城座喜味城、勝連城、中城城などがあります。

(写真は、今帰仁城

倭城

文禄・慶長の役(秀吉の朝鮮出兵)の折、日本軍によって朝鮮半島南部に30ほど築かれた城です。倭城という呼び方は、元々朝鮮半島で使われていたものです。港を城内に取り込んだ構造や、麓から山頂へ続く登り石垣が大きな特徴です。

主な倭城として、蔚山倭城、西生浦倭城、機張倭城、熊川倭城、順天倭城などがあります。

くるわ

堀や石垣、土塁などで囲まれた区画のことをいい、郭とも曲輪とも書きます。城はいくつもの曲輪を連ねることで成り立っています。江戸時代以降は丸ともいわれるようになります。

二条城敵の侵入を防ぐために曲輪の周囲を掘り下げたところをいいます。水を湛えたものを濠、水のない空堀を壕と区別することもあります。大規模な空堀は、曲輪として利用されることもあります。

(写真は二条城

土塁・石垣

前橋城土を盛って曲輪を囲んだものを土塁といいます。土塁の上には柵や塀が設けられました。重い櫓や塀を築く際には土塁では強度が足りなくなることから、土塁の表面を石積みで強化した石垣が造られました。

(写真は前橋城

虎口

会津若松城城や曲輪の出入口をいいます。大抵は直線的な配置を避け、直角に曲げた構造となっています。城の正面虎口を大手または追手、裏面虎口を搦手と呼びます。

(写真は会津若松城

上田城弓矢や鉄砲などで応戦する施設で、矢倉とも書きます。門の上や土塁・石垣上に築かれました。

(写真は上田城

天守

会津若松城城の最終防衛拠点であると同時に、城の象徴でもある施設で、櫓から発展したものと考えられています。織豊時代に多数の天守が築かれましたが、江戸時代になると、幕府への遠慮や財政難から、天守の建造や再建は行われなくなっていきました。

(写真は会津若松城

現在見ることのできる天守は、次の4つに分けられます。

現存天守

江戸期以前から存在している天守で、日本国内に12城あります。そのうち4城が国宝で、うち姫路城は世界遺産に登録されています。現存12天守は次のとおりです。

  • 弘前城
  • 松本城(国宝)
  • 丸岡城
  • 犬山城(国宝)
  • 彦根城(国宝)
  • 姫路城(国宝、世界遺産)
  • 松江城
  • 備中松山城
  • 丸亀城
  • 松山城
  • 宇和島城
  • 高知城

復元天守

一度は焼失した天守を、少なくとも外観だけは往時のとおりに復元したものです。当時の図面などを基に内部まで詳細に復元したものと、鉄筋コンクリートを用いて外観だけ往時のとおりに復元したものがあります。

主な復元天守として、会津若松城名古屋城熊本城、広島城、大洲城などがあります。

復興天守

一度は焼失した天守を再建したものですが、あえて史実に基づかなかったり、資料不足のため規模や構造に推定の部分があるものをいいます。

主な復興天守として、大坂城、岐阜城、岸和田城、掛川城などがあります。

模擬天守

天守がなかった城や、あったかどうか不明な城に建てられたものをいいます。天守はあったが往時とは別の場所に建てられたものも含まれます。模擬天守建設により元の遺構を破壊してしまう事例が多く見受けられたため、現在では資料に基づかない天守の再建は認められていません。

主な模擬天守として、伏見城、墨俣城、富山城、洲本城、清洲城などがあります。

日本100名城とは、財団法人日本城郭協会が、日本の名城と呼ばれる古城を一般に公募したもので、観光地としての知名度や歴史上の重要性、復元の正確さなどを基準に審査し、選定したもので、平成18年(2006)2月13日に発表されたものです。

姫路城や松本城など天守の聳える近代城郭から、春日山城のような中世の山城、首里城などの沖縄のグスク、五稜郭といった近代要塞、城の始まりとされる環濠集落の吉野ヶ里遺跡など幅広く選定されています。

日本100名城リスト

北海道
  • 根室半島チャシ跡群:北海道根室市
  • 五稜郭:北海道函館市
  • 松前城:北海道松前郡松前町
東北
  • 弘前城:青森県弘前市
  • 根城:青森県八戸市
  • 盛岡城:岩手県盛岡市
  • 多賀城:宮城県多賀城市
  • 仙台城:宮城県仙台市青葉区
  • 久保田城:秋田県秋田市
  • 山形城:山形県山形市
  • 二本松城:福島県二本松市
  • 会津若松城:福島県会津若松市
  • 白河小峰城:福島県白河市
関東
甲信越
北陸
  • 高岡城:富山県高岡市
  • 七尾城:石川県七尾市
  • 金沢城:石川県金沢市
  • 丸岡城:福井県坂井市
  • 一乗谷城:福井県福井市
東海
  • 岩村城:岐阜県恵那市
  • 岐阜城:岐阜県岐阜市
  • 山中城:静岡県三島市
  • 駿府城:静岡県静岡市葵区
  • 掛川城:静岡県掛川市
  • 犬山城:愛知県犬山市
  • 名古屋城:愛知県名古屋市
  • 岡崎城:愛知県岡崎市
  • 長篠城:愛知県新城市
  • 伊賀上野城:三重県伊賀市
  • 松阪城:三重県松阪市
近畿
  • 小谷城:滋賀県長浜市
  • 彦根城:滋賀県彦根市
  • 安土城:滋賀県近江八幡市
  • 観音寺城:滋賀県近江八幡市
  • 二条城:京都府京都市中京区
  • 大坂城:大阪府大阪市中央区
  • 千早城:大阪府南河内郡千早赤阪村
  • 竹田城:兵庫県朝来市
  • 篠山城:兵庫県篠山市
  • 明石城:兵庫県明石市
  • 姫路城:兵庫県姫路市
  • 赤穂城:兵庫県赤穂市
  • 高取城:奈良県高市郡高取町
  • 和歌山城:和歌山県和歌山市
中国
  • 鳥取城:鳥取県鳥取市
  • 松江城:島根県松江市
  • 月山富田城:島根県安来市
  • 津和野城:島根県鹿足郡津和野町
  • 津山城:岡山県津山市
  • 備中松山城:岡山県高梁市
  • 鬼ノ城:岡山県総社市
  • 岡山城:岡山県岡山市北区
  • 福山城:広島県福山市
  • 吉田郡山城:広島県安芸高田市
  • 広島城:広島県広島市中区
  • 岩国城:山口県岩国市
  • 萩城:山口県萩市
四国
  • 徳島城:徳島県徳島市
  • 高松城:香川県高松市
  • 丸亀城:香川県丸亀市
  • 今治城:愛媛県今治市
  • 湯築城:愛媛県松山市
  • 松山城:愛媛県松山市
  • 大洲城:愛媛県大洲市
  • 宇和島城:愛媛県宇和島市
  • 高知城:高知県高知市
九州
  • 福岡城:福岡県福岡市中央区
  • 大野城:福岡県大野城市
  • 名護屋城:佐賀県唐津市
  • 吉野ヶ里遺跡:佐賀県神埼郡吉野ヶ里町
  • 佐賀城:佐賀県佐賀市
  • 平戸城:長崎県平戸市
  • 島原城:長崎県島原市
  • 熊本城:熊本県熊本市
  • 人吉城:熊本県人吉市
  • 大分府内城:大分県大分市
  • 岡城:大分県竹田市
  • 飫肥城:宮崎県日南市
  • 鹿児島城:鹿児島県鹿児島市
沖縄
  • 今帰仁城:沖縄県国頭郡今帰仁村
  • 中城城:沖縄県中頭郡中城村
  • 首里城:沖縄県那覇市