横尾八幡城

  • 読み:よこおはちまんじょう
  • 別名:-
  • 所在地:群馬県吾妻郡中之条町
  • 主要城主:尻高(しったか)氏、真田氏
  • 文化財指定:中之条町指定史跡(昭和63年3月26日)
  • 訪問日:平成20年3月29日

「吾妻記」によると、大永年間(1521~1528)に尻高三河守によって築城されたと伝えられています。天正8年(1580)に真田昌幸がこの地へ進出すると、富沢豊前守が配置されました。天正10年(1582)3月に武田氏が滅亡すると吾妻地域が空白地帯となり、さらに同年6月に起きた本能寺の変によって織田氏配下の滝川一益が厩橋城から引き揚げると、上州南部までを支配していた北条氏が北上を開始し、吾妻・利根を支配する真田氏と対立するようになります。
天正12年(1584)、上田城を築いた真田昌幸は吾妻・利根の二郡を長男の信幸に任せます。天正17年12月には北条氏邦が白井城から攻め寄せますが、富沢氏、渡辺氏、金子氏、尻高氏、鎌原氏、湯本氏、川原氏などの吾妻勢がこの城に篭り、これを退けたと伝えられています。

主郭。
八幡山の頂上に20~30メートル四方の主郭が設けられています。
周囲を高さ1.5メートルほどの土塁が取り囲んでいます。

主郭を囲む腰曲輪の南側から見た主郭。
腰曲輪からの土塁の高さは4メートル近くあります。
ふもとの案内板には、「主郭の南の腰曲輪には井戸がある」とありましたが、発見できませんでした。

主郭をぐるりと取り囲む腰曲輪。
写真は東側から南側に向かって撮影したところ。

枡形的な虎口。
主郭南の腰曲輪の南端には、このような地形が見られ、門の跡と考えられます。

北を赤坂川、東を名久田川に囲まれた段丘の上にある八幡山の頂上部に築かれた山城です。本来の名は「八幡城」ですが、八幡の名を持つ城は多いため、ほかと区別するために大字名の横尾をつけて「横尾八幡城」と呼ばれています。