細野氏館

  • 読み:ほそのしやかた
  • 別名:大高山城
  • 所在地:群馬県吾妻郡六合村
  • 主要城主:細野氏
  • 文化財指定:-
  • 訪問日:未踏査

寿永3年(1184)の粟津の戦いで源義経軍に敗れた木曽義仲の配下であった細野御殿介が、義仲の胤を宿した娘を守り隠れ住むために築いた館といわれています。建久4年(1193)、源頼朝が浅間山北麓に狩りに訪れた際に御殿介はその案内をし(ただし頼朝の浅間狩りは伝説)、草津温泉を発見したことから湯本の姓と草津の地を与えられ、戦国時代に真田氏に仕えた湯本氏の祖となったと伝えられています。

細野氏館遠望。
上信国境の大高山の麓・細野平(天狗平)に細野御殿介が隠れ住んだ館があったと伝えられています。
周囲にはミドノ(御殿)尾根、オッタテ(御館)の峰など、細野氏館に由来するような地名も残されています。

上信国境大高山の麓、標高1700メートルの高地に築かれたといわれる館です。実際に細野氏が隠れ住んだかどうかは定かではありませんが、由来不明の石垣が付近から発見されるなど、人の住んだ形跡が残されています。