高崎城

  • 読み:たかさきじょう
  • 別名:-
  • 所在地:群馬県高崎市(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:井伊氏、酒井氏、戸田松平氏、藤井松平氏、安藤氏、大河内松平氏
  • 文化財指定:群馬県指定重要文化財(乾櫓)(昭和49年9月6日)、高崎市指定史跡(三の丸土塁・堀)(昭和57年2月17日)
  • 訪問日:平成21年1月12日

元々この地には、和田氏が築いた和田城が存在していました。和田氏は関東管領山内上杉氏に仕え、上杉憲政が越後へ逃げ延びると、上杉家を相続し関東管領となった上杉謙信の配下となりました。その後、和田氏は武田氏に内通し、最終的に北条氏に仕えますが、天正18年(1590)の小田原の役で上杉景勝、前田利家らの攻撃を受け落城しました。

慶長3年(1598)、徳川家康によって箕輪城に封じられていた井伊直政が、交通の要衝である和田の地に移り、和田城の廃墟の上に城を建設し、和田を高崎に改めました。しかし、井伊氏は高崎城築城後3年で彦根へ転封。その後、諏訪頼長が城番を務め、酒井氏、戸田松平氏、藤井松平氏、安藤氏と藩主が目まぐるしく代わります。寛永8年(1632)、安藤重長のときには、3代将軍徳川家光の実弟・忠長が駿河から配流され、高崎城で蟄居、翌年自害しています。

享保2年(1717)からは、大河内松平氏が高崎藩に入り、廃藩置県まで大河内松平氏が高崎藩を治めました。

明治になると、城の大部分が帝国陸軍歩兵第15連隊の施設として利用されました。

三の丸の高崎城公園内の乾櫓と東門。
乾櫓は元々は現在の日本たばこ高崎支社跡の位置にあり、明治維新後に払い下げられ、農家の納屋として使われていましたが、昭和51年(1976)に現在地の模擬石垣の上に移築復元されました。
東門も明治維新後に払い下げられましたが、昭和55年(1980)に現在地に移築復元されています。

三の丸を取り囲む堀と土塁。

第19回高崎城遺跡発掘調査

日本たばこ高崎支社跡地に医療保健センターと図書館の複合施設が建設されるのに伴い、高崎市教育委員会が発掘調査をしていた本丸堀の現地説明会の様子です。

今回の発掘調査で見つかった艮櫓付近の本丸堀。幅24メートル、深さ8メートルほどです。
中央に見える土留めは、明治になって堀を埋め戻した際に構築されたものと考えられています。

榎郭堀。

榎郭堀の底の様子。
底に掘り残した部分が見られ、障子堀または格子堀であったと見られています。
写真左下には、柵を立てたと思われる穴が見えます。

この辺りからは、和田城のものと見られる堀が見つかっています。

帝国陸軍第15歩兵連隊の施設と見られる煉瓦や排水路。

本丸堀から出土した鬼瓦。
乾櫓の鬼瓦と同じく、大河内松平氏の家紋が入っていることから、艮櫓のものと思われます。

烏川東岸に築かれた輪郭式城郭です。井伊氏、酒井氏など幕府の重要な役職を務めた大名が城主を務めています。現在は市街化が進み、往時のまま残されているのは三の丸の堀と土塁のみとなっています。