洗馬城

  • 読み:せばじょう
  • 別名:千葉城
  • 所在地:長野県上田市(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:海野氏、真田氏
  • 文化財指定:上田市指定史跡(昭和47年4月1日)
  • 訪問日:平成21年2月28日

横尾城の築城年代は不明ですが、「諏訪御符礼之古書」の応仁2年(1468)の条に、村上氏が海野氏の千葉城を改めたとあり、この千葉城が洗馬城であると考えられることから、それ以前の築城と考えられています。

真田氏がこの地に入ってからは、真田の山城群のひとつとなり、松代方面への備えとなりました。

洗馬城入口。
真田森林事務所の脇から登っていきます。

大手の道は尾根道をほぼまっすぐに登っています。
尾根道には所々に堀切が設けられ、写真左下にも堀切が見られます。

所々に段郭が設けられています。

主郭。
主郭に枡形を用いていたといわれていますが、今ではその面影は見られません。

主郭からの展望。
横尾城曲尾城がすぐ近くに見えます。

主郭背後の堀切。
右が主郭側です。

傍陽小学校の裏山に築かれた城です。松代道のを挟んだ曲尾城とともに、松代方面への備えの役目を負っていました。