横尾城

  • 読み:よこおじょう
  • 別名:尾引城
  • 所在地:長野県上田市(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:横尾氏、真田氏
  • 文化財指定:上田市指定史跡(打越城とともに)(昭和47年4月1日)
  • 訪問日:平成21年2月28日

横尾城の築城年代は不明ですが、横尾采女守が築いたものといわれています。天文19年(1550)の上田原合戦では采女守は村上義清に属して武田軍と戦い、戦死。残された幼君は家臣と共に上州へ逃れたと伝えられています。

翌天文20年に戸石城の村上義清を破った真田幸隆がこの地に入り、以来、横尾城は真田氏の山城群の一つとなりました。

現在は主郭に秋葉神社が建っています。

神川の対岸にある幸村の郷から見た横尾城。

横尾城入口。

大手の道。
道脇に段郭が設けられています。

主郭に近いところの段郭。
ここには石積が残っていますが、草に覆われて見えなくなっています。

主郭。
主郭には秋葉神社が建っています。

主郭から南東側を見たところ。
真田氏本城天白城が見えます。

主郭西側の虎口。

主郭背後の二重堀切。

主郭から北の副郭まではなだらかな道が続いています。

副郭。
主郭背後の尾根を抑え、北東の長尾城との連絡を取っていたところです。

副郭の土塁を背後から見たところ。

南麓に建てられた横尾神社。
横尾氏が祀られています。

横尾地区の背後の小高い山に築かれた城です。南正面にいくつもの段郭を備え、主郭背後を堀切で守っています。このような造りの城は周辺によく見られ、洗馬城曲尾城松尾古城などがあげられます。