曲尾城

  • 読み:まがりおじょう
  • 別名:根小屋城
  • 所在地:長野県上田市(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:村上氏、真田氏
  • 文化財指定:上田市指定史跡(昭和47年4月1日)
  • 訪問日:平成21年2月28日

曲尾城の築城年代は不明ですが、天文年間には村上氏の支城であったと考えられています。

その後武田氏が村上氏をこの地から追うと、信玄配下の山県昌景の家臣大熊朝秀の居城となったと伝えられています。大熊氏はその後真田氏の家臣となっています。

曲尾城入口。
主郭のある頂上まで九十九折の道が続きます。

主郭に近いところでは、所々に石積が見られます。

主郭。

主郭の北側に設けられた土塁。

沢を挟んだ隣の山に設けられた砦。「根小屋の低い城」と呼ばれています。

主郭背後。
藪になっていてわかりづらいですが、階段の下に一本、橋の下に一本堀切が設けられ、二重堀切になっています。

曲尾地区の洗馬川の対岸の山に築かれた城です。周囲の山よりも高く盛り上がり、北側は絶壁になっている天然の要害を利用して造られています。
真田氏の山城群の中では比較的新しい時期に改修を受けたものと見られ、石積が多用されています。