矢沢城

神川東岸に築かれた矢沢城の築城年代はよくわかっていませんが、真田幸隆の弟・矢沢頼綱の居城であったと伝えられています。

天正13年(1585)の第一次上田合戦では、頼綱の子・頼定が800の兵でこの城を守り、徳川方の依田源七郎ら1500兵を退けています。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで西軍が敗れると、上田城が破却され、矢沢城もその頃に廃城になったものと考えられています。

神川の対岸の伊勢崎城から見た矢沢城。
矢沢城は伊勢崎城とともに真田庄の南玄関である神川沿いに眼を光らせていました。

矢沢城入口。
大日堂が建っています。

大日道から登っていくと、別のところから登ってくる道が見えます。
本来の大手かもしれません。

矢沢城は現在矢沢公園になっています。
写真は矢沢公園の下部から主郭方向を見たところ。
西側には腰曲輪が4つ設けられています。

主郭・二郭の西側に建つ矢沢神社。
神社の背後には石積が設けられています。

主郭。
特に案内板などはありません。

主郭の北側に設けられた二郭。
奥に建つ石碑の向こうには堀切が設けられ、さらに奥に三郭、四郭が設けられています。

矢沢城から見る戸石城

神川東岸の殿城矢沢地区の小山の上に築かれた城です。対岸の伊勢崎城とともに、真田庄の南玄関にあたるこのエリアに睨みを利かせていました。
この城を本拠とした矢沢頼綱は、池波正太郎の「真田太平記」では、真田昌幸の頼れる叔父さんとして描かれています。