桑原城

  • 読み:くわばらじょう
  • 別名:高鳥屋城
  • 所在地:長野県諏訪市(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:桑原氏、諏訪氏
  • 文化財指定:長野県指定史跡(昭和46年5月27日)
  • 訪問日:2009年5月9日

桑原城の築城年代はよくわかっていませんが、文明年間(1469~1486)には諏訪氏配下の桑原氏がこの城に入っていたと見られています。

天文11年(1542)6月、武田晴信(信玄)が諏訪に侵攻。7月に入ると諏訪頼重は本拠の上原城を捨て、桑原城に立てこもります。桑原城は武田氏によって攻められ落城寸前となりますが、7月4日に武田氏側から和睦の申し入れがあり、頼重はこれを受諾。7月5日に桑原城を開城し、頼重は弟の大祝・頼高とともに交付の東光寺に幽閉。7月21日、頼重は切腹し諏訪惣領家は滅亡しました。

桑原城についてはその後まもなく廃城になったものと考えられています。

桑原城への入口は複数あります。
写真は北東麓の入口。

山道を登っていくとこのような堀切が現れます。

主郭を半円状に取り囲む帯曲輪。

帯曲輪にある「首塚」と呼ばれる盛土。

主郭と二郭を分断する堀切。
右が主郭、左が二郭です。

主郭。
奥には土塁が設けられています。

主郭背後の土塁。
あまり高くありません。

主郭から見た二郭。
二郭中央には曲げ輪を分断するように浅い堀のようなものが設けられています。

二郭から見た諏訪湖。

二郭から主郭を見たところ。
二郭と主郭、腰曲輪だけの小さな山城です。

諏訪湖の東南、四賀地区の裏山に築かれた主郭、二郭、帯曲輪だけの小さな城です。武田氏に攻められ上原城を捨てた諏訪頼重が、最後に立てこもった城です。頼重は連行された甲府で切腹し諏訪惣領家は滅亡。諏訪惣領家終焉の地ともいえる城です。