帰雲城

  • 読み:かえりくもじょう
  • 別名:返雲城
  • 所在地:岐阜県大野郡白川村(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:内ヶ島氏
  • 文化財指定:-
  • 訪問日:平成21年10月18日

信濃から白川郷へ進出した内ヶ島為氏が寛正6年(1465)ごろに庄川沿いの保木脇地区付近に築いた城です。天正13年11月29日(1586年1月18日)の天正大地震により帰雲山が大崩落。帰雲城と城下集落は大量の土砂に埋まり、城主内ヶ島氏理とその一族は滅亡しています。現在庄川左岸に帰雲城址の碑が建っていますが、そこが城跡であるとの確証は得られていません。

国道156号沿いの帰雲城跡。
帰雲城の場所については諸説あり、この場所が帰り雲城という確証も得られていません。
城址の碑と観音様が立っています。

天正大地震で大崩落を起こした帰雲山。
500年前の大崩落の跡が現在も残っています。

帰雲神社。
昭和54年(1979)に地元有志の手によって慰霊のために建立されました。

庄川沿いの保木脇付近に築かれたとされる城です。地震により一夜にして埋没してしまい、その所在は現在もわかっていません。内ヶ島氏は多くの金鉱を保有していたといわれ、帰雲城とともに大量の金が埋まっているとも言われています。