高岡城

  • 読み:たかおかじょう
  • 別名:-
  • 所在地:富山県高岡市(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:前田氏
  • 文化財指定:富山県指定史跡(昭和40年1月1日)
  • 訪問日:平成21年7月25日

慶長10年(1605)、加賀藩主前田利長は隠居して富山城へ移りましたが、慶長14年(1609)に起きた火災により富山上の大半が焼失したため魚津城へ移りました。そして幕府より新たな城の築城許可を受け、関野の地に城を築いたのが高岡城の始まりです。利長は同年9月に高岡城に入りますが、慶長19年(1614)に死去。翌元和元年(1615)、一国一城の令によって高岡城は廃城となり、以後は高岡町奉行所の管理下で加賀藩の米蔵や火薬蔵などがおかれました。

南外濠にかかる駐春橋。
往時には存在せず、明治14年(1881)にかけられたものです。
奥が二の丸です。

駐春橋から見た南外濠。
幅は20m以上あります。

二の丸東部に建つ護国神社。

二の丸西部には市民会館が建てられています。

二の丸と本丸をつなぐ土橋。
奥が本丸、手前が二の丸です。

二の丸と本丸をつなぐ土橋を鍛冶丸から見たところ。
往時の石垣が現在も残っています。

二の丸と本丸をつなぐ土橋から見た西内濠。

本丸。
中央部から東部には有史1300年余りの射水神社が建てられています。

本丸西部は広々とした芝生公園になっており、周囲を土塁が取り囲んでいます。

本丸に立つ前田利長の像。

本丸の西、西外濠にかかる本丸橋。

本丸橋から西外濠を見たところ。

本丸の北東部にある児童公園。
ここに天守があったのではないかといわれていますが、高岡城に天守があったかは定かではありません。

本丸井戸。

本丸の北にかかる朝陽橋。
往時には存在せず、明治11年(1878)から存在しています。

朝陽橋から中ノ島を見たところ。
中の島は明治に公園化されたから造成されたもので、往時には存在していませんでした。

本丸から朝陽橋を渡ると小さな曲輪があり、梅林になっています。

古城公園の最北部に当たる小竹藪。
本丸に次ぐ広さの曲輪です。

外濠に造成された中の島。

中の島から見た朝陽橋。

三の丸。
市民体育館などが建てられています。

三の丸と明丸の間の濠。
鍛冶丸方面とつながっていて、枡形濠を形成しています。

明丸。
動物園が設けられています。

明丸と鍛冶丸の間の濠。

鍛冶丸。
博物館が建てられています。

鍛冶丸と城外をつなぐ土橋。
ここが大手になっていました。
奥が鍛冶丸です。

前田利長が自らの隠居城として築いた城です。城としての役目は数年間で終わり、長い間加賀藩の倉庫として利用されました。明治になるといち早く古城公園として保存され、日本有数の水濠公園となっています。