大祝屋敷

  • 読み:おおはふりやしき
  • 別名:大祝邸
  • 所在地:長野県諏訪市(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:諏方氏
  • 文化財指定:-
  • 訪問日:平成22年3月13日

諏訪氏はタケミナカタの末裔を称し、代々諏訪大社上社の大祝(おおはふり)として信仰を集めていました。平安時代初期に諏訪有員が初めて大祝の職位につき、現在の上社前宮を大祝の居館「神殿(ごうどの)」とし、大祝職位式、大御立座神事など上社の重要な神事のほとんどが神殿で行われました。

天正年間に織田信長の侵攻を受け、神殿は神社とともに兵火により焼失。大祝の居館は中興の大祝諏方頼広(高島藩初代藩主諏訪頼水の弟。この兄弟より、大名家は「諏訪氏」、大祝家は「諏方氏」を名乗る)によって宮田渡に移され、以後代々の大祝が居住しました。平成14年(2002)に諏方弘氏(頼広から数えて15代目の大祝)の死去により諏方氏は断絶。現在は無人となっています。

大祝屋敷全景。
かつては宮川を天然の外濠とし、4重の堀が屋敷を囲んでいましたが、現在では遺構はほとんど残っておらず、総門が昔を偲ぶのみとなっています。

総門。
無人となった現在は固く閉ざされています。

屋敷の蔵。
蔵の背後の木は、諏訪市の天然記念物に指定されているイチョウの木です。

諏方頼広以降代々の大祝が居住した屋敷です。宮川を天然の外濠とし、4重の堀によって周囲を囲まれ、武家と神殿を兼ねた広大な屋敷でしたが、往時の建物はほとんど衰退し、総門が昔を偲ぶのみとなっています。