安中城

  • 読み:あんなかじょう
  • 別名:-
  • 所在地:群馬県安中市(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:安中氏、井伊氏、水野氏、堀田氏、板倉氏、内藤氏
  • 文化財指定:-
  • 訪問日:平成22年4月3日

安中城は、九十九川と碓氷川に挟まれた台地上に築かれた城です。弘治2年(1556)に長野氏とその配下の安中氏ら上州勢は武田氏との戦いに破れ、危機感を抱いた安中忠政がこの地に新たに城を築いたのが始まりとされています。忠政は永禄年間に松井田城で武田氏と戦いますが自害。嫡男の忠成は武田氏に降伏し、以後、武田方の武将となりました(忠成は降伏後、「景繁」と改名します)。

天正3年(1575)の長篠の戦で安中景繁が討死。家臣の多くも討死したため安中城は荒れ、一時廃城同然の状態となります。天正18年(1590)、小田原征伐後に徳川家康が関東に封じられると、上州に入った井伊氏が安中城を修復。元和元年(1615)には安中藩が興り、その後水野氏、堀田氏、板倉氏、内藤氏、再び板倉氏と藩主が代わり明治まで安中藩は存続しました。

国道18号バイパスから見上げた安中城。
城塁らしい雰囲気が残っています。

文化センターへの登り口から坂口門跡を見上げたところ。

本丸。
現在は安中市文化センターになっています。

二の丸。
現在は大部分が安中小学校の敷地になっています。

本丸から見た櫓台。
現在は離れた小山に見えますが、往時は安中城主要部とつながっていました。

本丸の北東端に設けられた坂口門の跡。

坂口門から北側を見下ろしたところ。
道路の向こうに流れるのが九十九川です。

二の丸の東に設けられた大手門の跡。
遺構はありませんが、クランク状の道に往時の名残が見られます。

大手口の南の堀の跡。
写真の奥を右へ進むと大手門があります。

大手門口番所の跡。

大手門の東の旧安中郡役所。
安中城が廃城となってからも、この場所は安中・碓氷地域の中心でした。

大泉寺。
井伊直政正室と井伊直好生母の墓があり、いずれも安中市指定史跡になっています。

東門付近に鎮座する熊野神社。
安中城築城の際に熊野三社を勧進し、鬼門の守りとしたのが始まりとされています。
総門は安中城の城門の一つを移築したものといわれています。

東門の跡。
道路がクランク状になっています。

東門の枡形跡。

東門から大手口まで伸びていた広小路の跡。

九十九川と碓氷川に挟まれた台地上に築かれた城です。市街化が進み遺構はほとんど見られませんが、あちこちの道路がクランク状になっており、往時の面影がわずかに残っています。