里見城

  • 読み:さとみじょう
  • 別名:-
  • 所在地:群馬県高崎市(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:里見氏
  • 文化財指定:高崎市指定史跡(昭和63年5月16日)
  • 訪問日:平成22年4月24日

里見城は、里見川南岸の崖端に築かれた城で、新田義貞の子・義俊(里見氏を名乗る)によって築かれたと伝えられています。

嘉吉元年(1441)、義俊から数えて10代目の家基が結城合戦で戦死。その子・義実が房総へ移り里見城は廃城になりました。

二郭の北東に設けられた城山稲荷神社。
里見城の鬼門除けとして祀られたものと伝えられています。

二郭と三郭の間の堀切。
右が二郭、左が現在団地となっている三郭。

二郭。
大部分が墓地になっています。

二郭と主郭の間の堀切。
右が二郭、左が主郭。

主郭。
東西100メートル、南北70メートルほどの広大な曲輪です。

主郭を取り巻く土塁。

里見川南岸の台地上に築かれた城です。里見は新田義貞生誕の地といわれていますが定かではありません。二郭・三郭は墓地や団地となっていますが、主郭とその周辺の遺構がよく残されています。