文殊山城

  • 読み:もんじゅやまじょう
  • 別名:一夜城
  • 所在地:愛知県新城市(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:奥平氏、武田氏
  • 文化財指定:-
  • 訪問日:平成22年9月26日

文殊山城は、作手盆地西側の山上に築かれた城で、元亀年間(1570~1572)に奥平氏が武田氏との和睦の証として賽之神城とともに築いた城です。この時、奥平氏は築城を延引したために武田氏の強談に遭い、一夜にして城を築いたと伝えられるため一夜城とも呼ばれています。

南西の駐車場から主郭を見上げたところ。
主郭内部に模擬櫓が建てられているのが見えます。

主郭を取り巻く腰曲輪。
写真のように一部堀状になっているところもあります。

主郭東の虎口を外から見たところ。
写真手前へ20分ほど歩くと賽之神城へと至ります。

主郭。
文殊堂が建てられています。

作手盆地西側の山の上に築かれた城です。単郭の単純なつくりの城で、別名の一夜城の名のとおり一夜で築けてしまえそうなほどです。