賽之神城

  • 読み:さいのかみじょう
  • 別名:本城、砦城
  • 所在地:愛知県新城市(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:米福長者、奥平氏、武田氏
  • 文化財指定:-
  • 訪問日:平成22年9月26日

賽之神城は、作手盆地西側の山上に築かれた城です。来歴は不明で、元亀年間(1570~1572)に奥平氏が武田氏との和睦の証として文殊山城とともに築いたとも、奥平氏以前の米福長者時代に築かれたともいわれています。

北西の文殊山城から続く尾根道を歩くと現れる堀切。
奥が賽之神城です。

堀切を渡ったところに設けられた削平地。
主郭、二郭からは少し離れており、出丸的役割をもっていたと考えられます。

出丸から東へ30メートルほどのところに設けられた二郭。
写真奥の土手の上が主郭になっています。

主郭の虎口を二郭側から見たところ。

主郭。
周囲を土塁が取り囲んでいます。

主郭の東の一段低いところに設けられた曲輪。

作手盆地西側の山の上に築かれた城です。来歴ははっきりしていませんが、城の東西の構造の違いから、二時期にわたる構築が指摘されています。