江戸城

  • 読み:えどじょう
  • 別名:千代田城、東京城、江城
  • 所在地:東京都千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:太田氏、扇谷上杉氏、北条氏、徳川氏、天皇家
  • 文化財指定:国指定特別史跡(昭和38年5月30日)
  • 訪問日:平成23年5月13日、5月28日、11月5日

江戸城は、江戸湾(現在の東京湾)北岸・隅田川西岸に築かれた平山城です。平安時代末期から鎌倉時代初期には、本丸・二の丸あたりに江戸氏の居館が置かれていたと考えられています。15世紀になると江戸氏は衰退。扇谷上杉氏・上杉持朝配下の大田道灌が、長禄元年(1457)にこの地に城を築いたのが江戸城の始まりとされます。このころの江戸城は、本丸と二の丸程度のもので、日比谷入江で江戸湾とつながっていました。

文明18年(1486)に道灌が上杉定正に暗殺されると、太田氏は山内上杉氏の下へ去り、江戸城は扇谷上杉氏のものとなります。大永4年(1524)には扇谷上杉氏を破った北条氏のものとなり、北条氏の水陸交通路掌握の要となりました。

天正18年(1590)に小田原征伐によって北条氏が滅亡すると、徳川家康が関東に移封され、江戸城に入城します。開府までに三の丸、北の丸、西の丸、吹上を増築。慶長8年(1603)に幕府を開くと、天下普請により江戸城の拡張が進められ、寛永13年(1636)に周囲16kmにも及ぶ大城郭が完成しました。家康・秀忠・家光のぞれぞれの時代に天守が築かれましたが、家光の時代の天守は明暦3年(1657)の大火(振袖火事)で焼失。以後、天守が再建されることはありませんでした。

慶応4年(1868)の戊辰戦争では、3月15日に新政府軍による江戸城総攻撃が予定されますが、前夜に中止され、4月11日に江戸城は無血開城されます。元号が明治となり10月13日、明治天皇が江戸城に入城。東京(とうけい)城と改められ、皇居となり、現在に至っています。

※江戸城は広大であることから、記事を分割しています。

太田道灌が築き、徳川将軍家の居城となり、現在は皇居となっている城です。その範囲は広大で、現在の千代田区全域、中央区・港区の半分、新宿区・文京区の一部におよびます。