大峰城

  • 読み:おおみねじょう
  • 別名:-
  • 所在地:長野県長野市(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:大峰氏
  • 文化財指定:-
  • 訪問日:平成23年9月18日

大峰城は善光寺平の北に聳える大峰山の山頂部に築かれた山城です。城主として大峰蔵人の名が伝えられていますが、この人物の詳細は不明で、大峰城もいつ築かれたのかはわかっていません。位置と規模から上杉方が川中島合戦に際して築いた城のひとつと考えられています。

主郭の南に設けられた駐車場。
改変こそされているものの何らかの曲輪があったと思われます。

駐車場から望む善光寺平。

どこか南国風な模擬城門。
この奥は主郭へと続いています。

主郭に建つ模擬天守。
昭和37年(1962)に「大峰城チョウと自然の博物館」として築かれましたが、平成19年(2007)に閉館となり、内部に入ることはできません。

模擬天守の西には大規模な堀切が残っています。

善光寺平の北に聳える大峰城の山頂部に築かれた山城です。模擬天守「大峰城チョウと自然の博物館」が建っていますが、現在は閉館となり内部に入ることはできません。