内小屋館

  • 読み:うちごややかた
  • 別名:-
  • 所在地:長野県上田市(Mapionで位置を確認)
  • 主要城主:横尾氏
  • 文化財指定:-
  • 訪問日:平成26年1月18日

内小屋館は、神川の北岸、信綱寺の西の台地に築かれた館です。築城年代ははっきりしていませんが、ここは横尾城打越城のほぼ中間にあり、伝承では横尾氏の居館として築かれたとされています。

館の東端。
館跡の西面と南面のほとんどがコンクリートブロックで固められていますが、この付近は往時の切岸の雰囲気が残っています。

館の北東端の切岸。

北側から館跡を見たところ。
竹やぶの中に応じの切岸が残っていそうです。

南面の切岸はコンクリートブロックで固められています。

館跡は耕地化されています。

館跡からすぐ北西に横尾城が見えます。

信綱寺のすぐ西の台地上に築かれた横尾氏の居館と考えられる館です。耕地化に伴い遺構は殆ど見られませんが、周囲より高くなった地形と、切岸の跡が残っています。